​事業紹介

チームディベロップメントセクション

「話がずれて噛み合わない」「どうせ言ってもわかってもらえないという諦め」「人間関係に気を遣って本来の仕事に集中できない」など、

 チーム・組織における課題は尽きません。
 このセクションでは「システムコーチング®️」使ったプログラムを用いて
​ 関係性氏の質を高めるためのアプローチを行います。

​プログラムディレクター

​村松 圭子

2006年慶應義塾大学法学部政治学科卒業後(株)リンクアンドモチベーションにて企業の採用コンサルタント

として従事。夫の転勤で香港・英国在住中に、コーチングの資格を取得し、Bloom Lifeを立ち上げる。

2017年帰国後、「リーダーシップ開発」を主軸に企業やスポーツチームそして個人に対して

コーチとして関わる。
スポーツにおいては大学からラクロスを始め、2005年慶應義塾大学女子ラクロス部主将、日本代表選手としてW杯5位を獲得。2011年 香港代表監督としてアジアパシフィック大会に出場し、第2子を出産後、現役復帰。2013年香港代表選手として2度目のW杯に出場。2018年慶應義塾大学女子ラクロス部 システムコーチ 関東学生優勝。2019年U19女子日本代表ゼネラルマネージャーとして選手に対する継続的なリーダーシップトレーニングを

実施

選手同士の関係性やコーチと選手の関係性についてプロのシステムコーチがサポートします。第3者を通じて客観的に見る視点は自分たちの現状把握と変化のきっかけに

なります。 種目によって、チームによって、文化は様々。その当然のように定着している文化は時に無意識にチームの本来の可能性を塞いでいることもあります。

自分たちは本当はどんなチームを目指したいのか。どんなカルチャーを創り出したいのか。それを問い、自分たちで答えを出すきっかけになります。

ご興味あるチームはメッセージ下さい。 GO GO JAPAN!!

​チームメンバーの

主体性

​自分たちを

客観視して

修正する力

​共通認識

​スポーツに関わる全てのチームが対象

​同じ役割内

​スタッフの場合:コーチ陣・トレーナー陣、育成部門、営業部門

​選手の場合:幹部、ベテラン、上級生、新入生、ポディションごと、スタメンなど

​異なる役割間

​選手とコーチの関係、コーチとトレーナーの関係、ベテランと若手の関係など

「システムコーチング®」を使ったプログラム

※提供するシステム・コーチング®は米国CRR社が提供するORSC®プログラムをベースとしています。ORSC®とは、Organization & Relationship Systems Coaching®の略称です。

​①長期的な関わり

3ヶ月間、3・4会のセッション

​1セッション2〜3時間

​②カスタマイズ

​ヒアリング・アンケートから課題を明確にし、そのチームにあった

コンテンツを提供

③双方性

インタラクティブなによって、

​受け身にならない学び

​④教育

現場を​生かしながら自走していけるように理論も教育

​⑤関係性の可視化

​なかなか可視化しにくい関係性を

システムコーチング®のツールを使って可視化する。

​⑥プロによる安心感・安全の場づくり

​第3者にによって公平に安全に

チーム本来の姿と、チームが

求めている姿をあきらかにする。

・慶應義塾大学ラクロス部

新幹部、スターティングメンバー、2年生と3年生間、​トレーナーマネージャー間

通年 関東学生優勝

・女子ラクロスU19日本代表

選手向け、スタッフ向け 8ヶ月 

​世界5位獲得

・某プロ野球球団スタッフ

​・2020年に向けた日本代表チーム

​同じ役割をにスタッフ間 半年間

​選手同士・選手とコーチ

​Contact us

チームディベロップメントセクションの

詳細や、ご相談、ご要望などは

こちらからお気軽にお問い合わせください。

​Quick Link

​一般社団法人スポーツコーチングJapan

代表理事:中竹 竜二

  理事:今田 圭太

     中村 亘

     五島 洋

メンバー:石渡 圭輔

     村松 圭子

     杉原 倫子

     吉崎 詩歩

     山本 隼也

                    藤森 啓介

     別府 駿一

     溝渕 暉

  • Facebook
  • Twitter
  • note

SNS : 

Copyright ©スポーツコーチングJapan All rights reserved.