​About SCJ

​Member

​中竹 竜二

​代表理事

公益財団法人日本ラグビーフットボール協会 コーチングディレクター

日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクター/株式会社TEAMBOX代表取締役早稲田大学ラグビー蹴球部主将を経験し、レスター大学大学院社会学部修了。三菱総研でのコンサルタント経験を経て、2006年に早大ラグビー蹴球部監督に就任。同部を2度の大学選手権制覇へ導く。2010年より日本ラグビー協会コーチングディレクター、2012年よりU20日本代表ヘッドコーチを務める。2014年、株式会社TEAMBOXを創業し、スポーツマネジメントのエッセンスをビジネス界に紹介した。2016年春には、ラグビー日本代表チームをヘッドコーチ代行として率いる。

​今田 圭太

​理事

2005~2008年 早稲田大学ラグビー蹴球部コーチとして大学選手権3度の優勝、日本選手権ベスト4を経験。
並行してWASEDA CLUBラグビースクールで年少〜中学生まで幅広い年代の指導に関わる。
2009~2016年 ラグビー・トップリーグ近鉄ライナーズにてプロコーチとして活動。
2016~2017年 防衛医科大学校保健体育学講座助教として勤務。同時にラグビー部監督を務める。
2017年をもって防衛医科大学校を退職し、2018年より日本IBM BIGBLUE ヘッドコーチに就任。
2014年度よりユース世代の日本代表のコーチも務めている。
現在は日本ラグビーフットボール協会技術委員会ハイパフォーマンスコーチング部門/日本バスケットボール協会技術委員会指導者養成部会に所属し、種目を問わず指導者養成に携わっている。

2011年東京農業大学(体育会硬式野球部)卒業後、株式会社丸井グループへ入社。

販売業務に加え、労働組合関連の業務や人材育成部門の企画運営、商品バイヤーなどを歴任。

短期間で多くの部署を経験する中、環境に流されず自分がどんな人生を歩みたいかを考え、

その実現に向けて主体的に行動していくことの大切さに気付く。

「キャリア=人生」という捉え方が広まりつつある中で、そのキャリア形成を応援できる存在になるため

「国家資格 キャリアコンサルタント」を取得し、2018年末に退社。

12年に及ぶ野球歴や社会人としての経験、資格のノウハウなどを生かし、現在は都内の私立大学での就職支援カウンセラーや、神奈川県の高校硬式野球部にてメンタルコーチとしてカウンセリングを行いながら、

このスポーツコーチングJapanにて同セクションの運営や、主催イベントのディレクターなどを兼任している。

​理事

​国家資格 キャリアコンサルタント

​中村 亘
​キャリアコーチングセクション担当
​理事
​五島 洋

2001年税理士登録後、翌年2002年に独立・開業し、2017年税理士法人五島税理士事務所設立、

代表に就任する。現在では当事務所にて、個人・法人合わせて200以上のクライアントを持つ。

​スポーツコーチングコミュニティセクション担当
​石渡 圭輔

​株式会社スポコン代表取締役

商社、広告代理店勤務を経て、2003年12月に創業メンバーの一人として株式会社スポコンの立ち上げに参画。2007年から代表取締役に就任。​

「スポーツを通じて人々の可能性を拓く」を社是として、子供を対象とした

新しいスポーツの選択肢を増やす「スポーツパークプログラム」の開発、

学生自ら部活の目的や意味を考える「部活ブランディング」プロジェクトの推進、

チームに関わる全てのメンバーがリーダーシップを発揮することを実践的に

学ぶことができる「Athlete Leadership Program(ALP)」の展開等に従事。​

またNPO法人スポーツコーチングイニシアチブのメンバーとして、コーチの継続的な

学びの環境づくりを目的とした「スポーツコーチングラボ 」を開催

​チームディベロップメントセクション担当
​村松 圭子

2006年慶應義塾大学法学部政治学科卒業後(株)リンクアンドモチベーションにて企業の採用コンサルタント

として従事。夫の転勤で香港・英国在住中に、コーチングの資格を取得し、Bloom Lifeを立ち上げる。

2017年帰国後、「リーダーシップ開発」を主軸に企業やスポーツチームそして個人に対して

コーチとして関わる。
スポーツにおいては大学からラクロスを始め、2005年慶應義塾大学女子ラクロス部主将、日本代表選手として

W杯5位を獲得。2011年 香港代表監督としてアジアパシフィック大会に出場し、第2子を出産後、現役復帰。2013年香港代表選手として2度目のW杯に出場。2018年慶應義塾大学女子ラクロス部 システムコーチ 関東学生優勝。2019年U19女子日本代表ゼネラルマネージャーとして女子ラクロス初のメダル獲得を目指す。

​山本 隼也

1984年北海道士別市生まれ、大学卒業まで北海道育ち。

2008年より広告会社にてマーケティング、ブランディングに携わる。小学1年〜高校1年までの10年間柔道をし、高校2年でラグビーと出会う。大学でも競技を続け、4年時には北海道大学ラグビー部主将を務めた。

学生主体のチームとしての価値ややりがいを感じながらもコーチングがあればその成果をより出せたのでは

ないかとの思いを持ち続ける。スポーツビジネスを学んでいたことがきっかけで、そのコーチを育てる

(Good coach to Great coach)というSCJの想いに共感し2018年より参画。特技は人の顔と名前を覚えること、積ん読。趣味は文章を書くこと、動画編集、ラグビーも現役でプレー。

​吉崎 詩歩

2011年ITスタートアップ企業にインターンから、2013年新卒で入社。広報、営業、企画などの視点から、

20人→120人への企業の成長に関わる。その間、上場、不祥事、2度の社長交代、M&Aなど度重なる

組織の危機を経験。その後、PR代理店、マーケティング戦略コンサルにて、マーケティングPRの視点から、

企業の人、組織の活性化や成長促進に携わる。個人の成長、組織やチームのカルチャー作りがテーマ。

​藤森 啓介

2008年度   早稲田大学ラグビー蹴球部Jrチーフコーチ、ATコーディネーターとして大学選手権優勝

2010年3月 早稲田大学大学院スポーツ科学研究科を卒業 2010年4月 早稲田摂陵中学校、高等学校の保健

       体育科教員として着任。寮顧問、生徒会顧問や生徒指導副部長を歴任

2016年度   ラグビー部監督として半数以上の素人を擁し、激戦区大阪の決勝進出。

2019年3月   早稲田摂陵中学校・高等学校を退職。

2019年4月   スポーツコーチングJapanへ加入。2019年度JRFUリソースコーチも務めている。

共著として「考えて強くなるラグビーのトレーニング -戦術アプローチに基づく練習プログラム-」 を出版。

​Quick Link

​一般社団法人スポーツコーチングJapan

代表理事:中竹 竜二

  理事:今田 圭太

     中村 亘

     五島 洋

メンバー:石渡 圭輔

     村松 圭子

     杉原 倫子

     吉崎 詩歩

     山本 隼也

                    藤森 啓介

     別府 駿一

     溝渕 暉

  • Facebook
  • Twitter
  • note

SNS : 

Copyright ©スポーツコーチングJapan All rights reserved.